採用情報

先輩の紹介

子育て中のママさんも安心して働け、さらに自分を高められる職場

出産明けに職場復帰する看護師にとって、勤務時間の融通が利く職場環境はとても重要。旭日クリニックはそんなママさん達でも活躍できる職場環境が整っています。今回は3人の子どものママさんでもある姉帯さんにインタビューをしました。

名前姉帯 紀子(アネタイ ノリコ)
所属旭日クリニック 病棟勤務
入職年月2006年4月
休みの過ごし方愛犬と過ごしたり、ランチや買い物をしたり、子どもたちの部活動の応援で 遠出することも。毎年年末は長期連休を取り、家族旅行するのが楽しみ。

インタビュー

仕事内容からやりがい、なかなか聞くことができない本音など、先輩ナースに直撃インタビュー

Q1. 旭日クリニックに入職したきっかけは?
A1. 結婚、出産を機に、一度仕事を辞めましたが、2人目が生まれ、生活リズムも整い始めた頃に、日中勤務であれば仕事に復帰したいと、病院やクリニックを探しました。旭日クリニックは9:00~16:00という勤務時間だったため、無理なく働くことができると思い、入職を決めました。

私のように職場復帰する看護師にとって、子どもが小さかったり、学校行事などで休みや時間の融通が利く職場はとてもありがたいものです。この職場では、(特に病棟の場合)週休2日制の実施に加え、有休消化も積極的で、休みの希望も比較的通りやすく、職員同士が互いに持ちつ持たれつの関係で仕事をしています。子育て中のママさんや年配の方でも働きやすい環境だと感じています。
Q2. 現在の仕事内容は?
A2. 以前までは外来勤務で、外来業務や訪問看護を行っていましたが、3年前に病棟職員の欠員補充のため、病棟勤務に異動となりました。1年前から夜間勤務にも入り、病棟内の看護業務全般を行っております。
病棟業務は、外来(内科や整形外科)からの患者様の入院対応の他に、提携施設(シルバータウンとグランヒルズおがわらこ)からの入院患者様を24時間体制で受け入れています。特に夜間勤務の職員は人数が限られている中での入院対応となります。
Q3. 仕事のやりがいやこの仕事を通じて学んだことは?
A3. 看護師は大変な一面もありますが、やはり人の健康や命と隣り合わせの職業なので、患者様が元気になったり、退院できるまでに回復するのをみると、すごく嬉しいし、やりがいのある仕事だと感じています。

私は、学生の頃に准看護師免許を取得し、准看護師として従事していましたが、5年前に通信教育制度を活用し、正看護師免許を取得しました。そのお陰で、今年5月から新しくスタートした「短期入所療養介護(ショートステイ)」の責任者を任されたり、院内の感染委員会の委員長に就いたりと、とても充実しています。
また、病院やクリニックによって専門分野が違うので、今まで経験のない医療現場で働けることや、日々進歩している医療の新しい情報や知識を得ることなど、常に向上心を持ち続けるということを、この仕事を通して学びました。
Q4. 入職後の研修、教育制度は?
A4. 職員は院内の各委員会(感染、医療安全、褥瘡、接遇など)に所属します。それぞれの委員会毎に関連する研修に参加し、専門性を高めて、委員や他の職員に情報共有をしています。また新入職員には指導担当者がほぼマンツーマンで1から10まで教えています。やみくもに業務をこなすのではなく、なぜそうなのかという根本的な部分を理解できないと同じ間違いを繰り返すため、根拠から教えることを大事にしています。
Q5. 今後の抱負
A5. 病棟に入院した患者様から「このクリニックにして良かった」と言ってもらえるような病棟にしたいと思っています。また、新たに開設した短期入所療養介護(ショートステイ)は、利用者様やそのご家族が安心して利用していただけるように、職員一同協力してサービスをしていきたいと考えています。

メッセージ

旭日クリニックは小規模な割に、外科的処置や、ターミナルケア、訪問看護などあらゆる分野の経験ができます。研修や教育体制を利用して成長もでき、休暇や勤務時間の調整も比較的融通が利く職場なので、ライフ・ワークバランス(仕事と生活の調和)が取れた働き方が可能となり、若い方から年配者まで長く勤める方が多いです!
ぜひ私たちと一緒に働いてみませんか?

募集要項

現在募集は行っておりません。

応募・採用に関するお問い合わせ

〒039-2401
青森県上北郡東北町大字上野字南谷地258-1

医療法人瑞翔会 採用担当

採用専用TEL

0176-56-3221